【スキカネpodcast】第38回 いつ、どんな時でも重要なのは顧客目線

スキカネpodcast
【スキカネpodcast】第38回 いつ、どんな時でも重要なのは顧客目線
/

この番組はうつ病を経験して休職し、借金背負って自己破産、適応障害で生活保護などの経験をしながらも、クラウドファンディングに出会って成功ました。

FANFAND.Lab(ファンファンラボ)代表の白井真一が他の人でも再現できるように『好きをお金にする方法』を3つのITに整理して、その考え方などを伝えていく音声配信です。

今日のトピック
・顧客目線を得るためには?
・コロナ禍での重要な顧客目線とターゲット
・Googleフォームでアンケートをとろう

以上の3点でお話していきます。

Googelフォームについてはこちら
https://www.google.com/intl/ja_jp/forms/about/

ご意見、ご感想など、コメントにてお待ちしております。

ABOUT ME
白井真一
1983年 愛知県の豊橋生まれ。 ゲーム会社で2年ほど経験しているさなかにクラウドファンディングに出会い、自分でプロジェクトを起案して成功を収めた。その魅力に興味をもって、クラウドファンディングの第一人者である板越ジョージ博士に師事をして、クラウドファンディング認定アドバイザーの資格を得て活動をしていった。 クラウドファンディング認定アドバイザー No190013 元ゲーム会社のプランナーであった経験を活かし、高額なものや欲しいと思える切り口のアイディア商品を生み出してクラウドファンディングのコンサルティングサービスにSNSやECサイト、ブログなどのWeb知識を組みあわせて最適な戦略を提案するWeb戦略アドバイザーとして現在活躍中。