クラウドファンディング

【初心者向け】低コストでリターン商品を作るなら公式LINEを使うのがコスパ最強

夢野かな

クラウドファンディングのリターン商品ってどんなのがいいのかな? お金はなるべくかけたくないし……

こんな悩みを持っている方向けの記事となっています。

 

リターンが難しいというのは以前から話をしております。

リターンの値付けが難しいのには3つの要素が絡んでくるからです。

 

  • プラットフォームの手数料
  • リターン商品の原価
  • リターン商品の送料

その上でお得感をだして、買ってもらうようなものを用意していく取っておきおの手段を今回の記事ではご紹介します。

低コストでリターン商品を作るなら公式LINEを使うのがコスパ最強

概要はこちら

  • なぜ、公式LINEなのか?
  • 理由①:無料で発行できる
  • 理由②:継続アプローチができる
  • 理由③:キーワードで届けられる

LINEは集客ツールとしては全年齢に対して使えるツールのため、最も有効活用しやすいです。

公式LINEを事前から使っているのであれば応用して告知もしていけます。

なぜ、公式LINEなのか?

公式LINE(旧LINE@)は登録されたメンバー全てに一斉にメッセージが送れる機能や個別に質問に答えることができます。

支援前の不安解決ができるのはとても大きいので、ぜひ活用していきましょう。

もっと重要としている3つの理由がりますので、そちらも解説していきます。

理由①:送料無料で発行できる

スマホあるものなので、送料無料で画像、動画、クーポンなどを渡すことができます。

リターンのネックである送料問題を解決できますし、電子データとなるため原価についてもコストダウンができます。

理由②:継続アプローチができる

リターンを配るために公式LINE登録をしてもらうことが必要になりますが、先にも述べた通り、一斉メッセージなどで継続アプローチができるのが公式LINEの魅力です。

最近LINEサービスに加わったLステップのお陰でクラウドファンディングについてのメールを一時的に送ることもできます。

これはなかなか強力です。

いろんなツールを分散して使うのもありますが、まずは1つを集中して覚えるとしていくなら、LINEが最優先でしょう。

理由③:キーワードで届けられる

特定のキーワードで返答メッセージが送れる機能を使ってリターンを渡すことができるのも魅力です。

もちろん個別メッセージで届けるほうが安全ではありますが、一斉送信が面倒な場合は使わない手はありません。

作業の手間を削減できますので、考えてみましょう。

まとめ:公式LINEはコスパ最強

  • なぜ、公式LINEなのか?
  • 理由①:無料で発行できる
  • 理由②:継続アプローチができる
  • 理由③:キーワードで届けられる

クラウドファンディングとLINEはとても相性のいいツールです。

初心者向けクラウドファンディング記事まとめ

自分のクラウドファンディングにどうやって使うのかわからないといった方は初回60分無料相談を行っていますので、下記ボタンよりお申込みください。

無料相談に申し込む

ABOUT ME
白井真一
1983年 愛知県の豊橋生まれ。 ゲーム会社で2年ほど経験しているさなかにクラウドファンディングに出会い、自分でプロジェクトを起案して成功を収めた。その魅力に興味をもって、クラウドファンディングの第一人者である板越ジョージ博士に師事をして、クラウドファンディング認定アドバイザーの資格を得て活動をしていった。 クラウドファンディング認定アドバイザー No190013 元ゲーム会社のプランナーであった経験を活かし、高額なものや欲しいと思える切り口のアイディア商品を生み出してクラウドファンディングのコンサルティングサービスにSNSやECサイト、ブログなどのWeb知識を組みあわせて最適な戦略を提案するWeb戦略アドバイザーとして現在活躍中。
基本
こちらの記事もおすすめ!
クラウドファンディング

【初心者向け】失敗しないためのクラウドファンディングサイトを選ぶためにみる3つのポイント

2020年8月30日
ITの技術と知識を教育し、好きを仕事にする人を増やす人生ITコンサルタント白井真一のブログ
白井真一 個人事業主のためのWeb戦略アドバイザーの白井真一です クラウドファンディングはコロナの影響を受けてやる方が増えてきまし …