個人事業主

定期的に情報発信をすることの重要性

今日の記事でお話ししようと思うのは
まず情報発信しようということをお話ししたいと思ってます。


昨日にNizUがデビューして、ユーキャン流行語大賞でふわちゃんが入ったっていうニュースもあったんですけどもそれぞれに共通する所ってわかりますか?

ずっと情報発信をし続けていたことです!

デビューする前って言うか、ブレイクする前までずっと積み重ねあったというところが二人に共通してます。


古いところでいくとアサヤンからはじまったモーニング娘。や『会えるアイドル』として常に劇場に立っていたAKBもそうなんですけど、
とにかく売れる売れないとか見てられている見られてないとかよりも

まずは情報を発信し続け、存在をアピールすることが大切です。
自分の好きとか、やってることを世の中に伝えたいんだって
こういう夢があるんだということをまず発信し続ける事。

それを、やっていって欲しいっていうのが今日のテーマです。

どんな風に発信すればいいのか?


ブログっていうのももちろん一つのやり方ですし、facebookなどのライブ使って発信するっていうのももちろんあります。

顔出し嫌だよっていう方はSoundcloudを使って音声だけ行ったりとか
イラストを写真とかイラストが得意な方も、Twitterやインスタグラムで投稿するのもできます。

初心者はnoteで3カ月いろんな発信を試していくのがおすすめ

色々なツールや手法がありますが、一番手軽なのは今noteです。

note公式サイトはこちら


noteを使って行って行くのがお手軽です。
まずともかく続けることを習慣化するのが人間は難しいいきものです。
可能な限り、毎日継続。

でなかったら一週間に一回程度が重要になってきます。

なんで重要かって言うと接触回数の問題なんですよね。
例えば、小学校の時の同級生って今でも会えばわかるじゃないですか。
覚えていてくれたり、面影が残っていたり、成人式などで顔合わせもしますよね?


それっても毎日会うってことを6年間、下手すれば中学も含めて9年間も
やっててるから、わかってもらえてるていうことになるわけです。

そう考えると接触機会が少なくなればなるほど、
忘れられやすいてことになっちゃうんですよね。

接触回数を増やさないと起きるデメリット

会社勤めで長く勤めていたら覚えてもらうってことは分かるかもしれませんけども他の部署の人とかになっちゃうともう誰だっけってなっちゃいますし
またさらにもっと行けば、交流会とかで会って名刺交換したけど

この名刺って誰だっけっていうことって、皆さんあったりしませんか?

顔写真ついていないと分からなくなることなんてままあります。


つまり、接触回数が少ないって事になってしまうので、それからいかに接触していくかというところのための情報発信であるわけです。

SNSは流れやすいため、接触するためにはたくさん流す必要がありますがnoteやブログ、Youtubeなど履歴が残り検索で引っかかるものを使うことで接触機会を増やすことができます。


オフラインでの濃厚接触は減らすべきですが、オンラインで濃厚接触は増やすように念頭において今後活動していくってのが大事です。

まとめ


まずは情報発信することをやっていきましょう!
今の世の中発信の仕方はたくさんあります。


毎週なり毎日なり継続できる方法で発信するっていうところがさらに重要になってきますので自分がやりやすいやり方で発信していってください。

個別相談を初回無料で受け付けていますので、気になった方は下記よりご予約ください。

初回60分無料相談へ


ABOUT ME
白井真一
1983年 愛知県の豊橋生まれ。 ゲーム会社で2年ほど経験しているさなかにクラウドファンディングに出会い、自分でプロジェクトを起案して成功を収めた。その魅力に興味をもって、クラウドファンディングの第一人者である板越ジョージ博士に師事をして、クラウドファンディング認定アドバイザーの資格を得て活動をしていった。 クラウドファンディング認定アドバイザー No190013 元ゲーム会社のプランナーであった経験を活かし、高額なものや欲しいと思える切り口のアイディア商品を生み出してクラウドファンディングのコンサルティングサービスにSNSやECサイト、ブログなどのWeb知識を組みあわせて最適な戦略を提案するWeb戦略アドバイザーとして現在活躍中。
基本